好きか以外に

好きか以外に「意外な人を好きになったね」
と親友は、お酒片手に楽しそうな物言いで私に言いました。

確かに、私が好きになってきたタイプの人とは随分とイメージが違う彼でした。
さすが、長年の親友ですから色々なことを見てきています・・・よくも悪くも(笑)

彼と知り合った時、親友が言うとおりで私のタイプでは無いなと思いましたし
仲良くさえ出来るかどうかとも思いました。
一見すると、バリアのようなものを張っているように見えましたので
それを崩してまで仲良くしたいとは思わなかったのです。

けれど、自然と歩み寄るって本当にあるものなんですよね。
彼と私は、じっくりと時間をかけて近づき合っていきました。
それを望んでいたわけでは無いのですが・・・それが縁というものなのでしょう。
途中から、私は彼に感情を抱くようになりました。

どこに惹かれた?
何に興味を抱いたの?

などと聞かれてしまいそうですが、そこに確固たる理由などありませんでした。
好きかどうか以外のポイントなんて無かったのです。
それはもう完全な本能でした(笑)

そうして彼と私は一気に交際にまで進展したのです。
最初こそスローだったのですが、「この人と」という強い気持ちを抱いてからは急速に進展したのです。

  • 最新の記事一覧

  • カテゴリー

    • カテゴリーなし
  • 月別アーカイブ